レーシックを神戸クリニック広尾で受けました。:神戸クリニック広尾でのレーシック体験談と神戸クリニックの情報をまとめました。

ホーム > レーシック体験談 > 手術前:手術当日1

手術前:手術当日1

2005年6月17日 手術当日

神戸クリニックに到着

なぜか、逆方向の電車に乗ってしまい、ぎりぎりにクリニックに着いた私。

まず受付に行き、受付の方の笑顔で癒されます(笑)手術の同意書はすでに前回渡していたので診察券のみを提出。待合室で待ちます。

手術当日の検査

しばらくして名前を呼ばれ、機械で景色を覗き込む検査(他覚的屈折検査)と、普通の視力表を使っての自覚的視力検査

その後、待合室に戻ります。ここで、寝るときにつける、仮面ライダーの目みたいな目のカバーと、目薬などの入ったポーチをわたされ、使い方の説明。

目薬の種類。

  • サンペタゾン 炎症予防
  • クラビット 感染予防目薬
  • ヒアレイン0.1 目のあれを治す。
  • ソフトサンティア 涙を補い、目の乾燥を防ぐ

看護士さんが、緊張をほぐす薬と、お水を持ってきてくれたので飲みます。
そして、術後の保護眼鏡選び(この辺、順序が間違っている可能性大)。可愛い赤いフレームで、レンズに色のついていない眼鏡を選びました。(現在は、手術前にメガネを受付に預けると、手術終了までに伊達メガネに加工してくれるサービス iconもあります)

いざ、手術室へ

さて名前を呼ばれて手術室の在る方へ向かいます。。 このときスリッパを履くのですが、眼鏡なしなので、スリッパが巨大なゴキブリしか見えない。。

手前の部屋?で、髪をシャワーキャップのようなものでまとめてもらいます。


看護士さん「大丈夫ですか?緊張していませんか」
私「いや、なにも食べてないのでお腹が空いて」
看護士さん「そうですか。。やっぱり緊張しちゃいますよね」 (緊張して食べるものがのどに通らないと解釈したらしい)
私「あ、いえ、そうではなくて電車間違えちゃって、下で何か食べるつもりだったんですけど、食べる時間がなくなっちゃって」

看護士さんがウケて(ウケた振りをして?)笑ってくれたので、なんだかほっとしたところで手術室へ。

レーシック 視力回復
神戸クリニック /澤井医師の学会放浪記

2007年09月06日 16:30更新