友人が受けて良かったと言っていたので、特に悩まず神戸クリニックにしました。あと、生涯保障に惹かれました。受ける前はすごくワクワクしていましたが、実際に手術台に寝ると、とても恐かったです。痛みは特にありませんでした。

カスタムビュー・レーシック体験談

友達がレーシックを受けて、0.08から1.5になったと聞き、レーシックの存在を知りインターネットでcheck!1番丁寧で親切だという印象を受けたのが神戸クリニックでした。友達に再度電話をして、どこで施術したかを聞いたところ、やはり神戸クリニックだったので決定しました。

カスタムビュー・レーシック体験談

身近な友人が神戸クリニックでレーシックをやったと聞きその時の感想やコメントが決め手となりました。その後の、WEBサイトにて神戸クリニックのことを調べましたが、実績とサービス内容、理念に共感したため今回お世話になりました。

カスタムビュー・レーシック体験談

WaveScanによる検査では瞳孔から光を網膜にあて、反射して帰ってきた光をセンサーで計測し、近視や乱視、遠視といった「屈折異常」と、その人特有の眼鏡やコンタクトレンズでは矯正できないレベルの微細なピントのボケ(高次収差)を精密に計測します。 これはメガネやコンタクトレンズを作る際に行われる検査方法に比べて、25倍の正確性を持つ検査です。その計測したデータを元に、その人特有の「屈折異常」と「ピントのボケ」を補正するためのオリジナルの照射プログラムが自動計算されます。

カスタムビューを実現するためには精密なレーザーの照射プログラムと照射テクノロジーが求められます。

Visk社STAR S4 IRは複雑な形状の切除はもちろん、検査時の姿勢と手術時の姿勢の違いから発生する
眼球位置の誤差を補正するプログラムや、正確な眼球のトラッキング技術を備えています。

検査時の座っている姿勢と、手術時の仰向けの姿勢では、一般的に眼球の位置が平均2.2°ずれると言われています。Iris Registrationは検査をしたときの眼の虹彩の模様と、手術時の虹彩の模様を照合し、位置のずれを瞬時に解析し、自動的にレーザー照射角度の補正を行います。

レーザー照射中の眼の動きを縦横方向だけでなく、前後の動きも含めて立体的に捕捉し、レーザーを追尾照射します。一定範囲を超えて動いた場合には自動的に照射を停止する安全装置も備えています。

レーザーの照射径の大きさを0.65mm〜6.5mmの範囲で変化させながらレーザー照射ができるシステムです。これにより、広い面を切除したいときは大きな照射径で照射時間を短くし、より細やかな切除がしたい場合は照射径を小さくすることで、複雑な形状の角膜を正確に矯正することができます。

誰もがカスタムビューを受けた方が良いのですか?

手術時間は今までより長くなるのですか?

見え方に違いはあるのですか?

神戸クリニックのどの執刀医でも手術を受ける事が可能ですか?

価格はいくらになるのですか?

レーザー技師もVISXのトレーニングを受けているのですか?

神戸クリニック札幌神戸クリニック小倉神戸クリニック梅田神戸クリニック三宮神戸クリニック広尾

提供:カスタムビュー・レーシックの神戸クリニック
Copyright(C) KOBE CLINIC. All Rights Reserved.
レーシック神戸クリニック広尾で…