レーシックを神戸クリニック広尾で受けました。:神戸クリニック広尾でのレーシック体験談と神戸クリニックの情報をまとめました。

ホーム > レーシック体験談 > 手術:手術当日2

手術:手術当日2

手術

手術台にあがり、まぶたをテープかなにかで、固定したと思います。それから、開瞼器という機械で、目を大きく開けます。これでもう瞬きできません。

目薬で麻酔をします。

まずは右目、フラップマイクロケラトームで作成。みどり(赤だったかな??)の光を見ているように言われます。
レーザーで、角膜を削ります。このとき、髪の毛が焼けるようなにおいがします。終わると、フラップを戻します。

同じように左目
先生「左目は多く削るんでちょっと時間長くなるよ」
で、同じ作業。これでおしまい。

手術台を降りると、すこし白いもやがかかったようだけど、とてもよく見えます。スリッパも、ゴキブリではなく、ちゃんとスリッパに見えました。

手術が終わって

小さくて静かな部屋のリクライニングの椅子に横になります。看護士さんが、毛布をかけてくれます。ヒーリング音楽を聴きながらうとうと。

それから、受付で先ほどのポーチの入ったバックを受け取り、受付のお姉さん達に笑顔で送られながら眼科を出ました。

レーシック 視力回復
神戸クリニック /澤井医師の学会放浪記

2007年07月11日 00:11更新